デイトレードの手法として、ピボット指数を利用されているかたが多いようです。
 私は、口座ごとに、長期、短期、スキャルピングといった具合に、いくつかの手法で投資しており、最近ピボットも加えようかと思っています。
ピボット(PIVOT)とは、米国のテクニカルアナリストJ・W・ワイルダー氏によって考案されたオシレーター系指標で、回転する軸を意味します。
ピボットの計算式は、
前日高値=H、前日安値=L、前日終値=C とおくと、

ハイブレイク=2P-2L+H
抵抗R2=P+H-L
抵抗R1=2P-L
ピボット=(H+L+C)/3
支持S1=2P-H
支持S2=P-H+L
ローブレイク=2P-2H+L

となります。

[手法1]:

・S1でロングエントリー
・S1を下抜けると損切り、S2で買い戻し
・もしくはS2で買い増し
・ローブレイクで損切り
ショートはその逆。



[手法2]:

・S1でショートエントリー
・S2で利確
・ローブレイクで損切り
ショートはその逆。

一般的には、上記トレード方法ですが、[手法2]のほうが勝率は高そうです。
ここでは(ドル円)について、さらに勝率を上げられるように改良し、私の個人的な見解も加え、検証していきたいと思います。
応援ポチ!
いつもご協力ありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ


2009年05月24日

その26-システムトレードか裁量トレードか

FX専業トレーダーになる為の100の極意 -その26

システムトレードか裁量トレードか

初心者のかたでもシステムトレードという言葉を聞かれたことがあると思いますが、ある一定の売買ルールに従って売買を行う方法を指します。

一方、ルールに縛られず自分の判断でエントリーからエグジットまで行うのを裁量トレードと言います。広義の意味では、テクニカルだけでなく、ファンダメンタルでも一定のルールがあればシステムトレードに含まれます。

「Akasakaの手法」の中でも書いたのですが、ニューヨーク証券取引所では、システム売買の比率は、出来高の3割前後を占めていると言われています。

ただ、これは株式なので、為替はどうでしょうか。

為替取引では、保険会社のような機関投資家や貿易関連の企業などが行う実需取引よりも、ヘッジファンドや個人投資家などが行う投機のほうが、圧倒的に多いらしいので、株式よりもシステム売買の比率が高いかも知れません。

ですから、上がりだしたら上がり続ける、下がりだしたら下がり続けるというように、トレンドが発生しやすいのではないでしょうか。

あくまでも推察ですが・・・

そう考えると、株式よりも為替のほうがシステム売買が有効になってきます。

ただし、システムだけで勝ち続けられるというのは聞いたことがありません。
(もしご存知でしたら教えてくださいね)

商材でも、年間を通してプラスであるというのは良く聞きますが、月単位では、マイナスかほとんど利益がないときもあるというのが一般的ではないでしょうか。

私個人的には、エントリーはシステムで、利確はそのときの雰囲気で裁量も取り入れて行うほうがうまくいくようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。