デイトレードの手法として、ピボット指数を利用されているかたが多いようです。
 私は、口座ごとに、長期、短期、スキャルピングといった具合に、いくつかの手法で投資しており、最近ピボットも加えようかと思っています。
ピボット(PIVOT)とは、米国のテクニカルアナリストJ・W・ワイルダー氏によって考案されたオシレーター系指標で、回転する軸を意味します。
ピボットの計算式は、
前日高値=H、前日安値=L、前日終値=C とおくと、

ハイブレイク=2P-2L+H
抵抗R2=P+H-L
抵抗R1=2P-L
ピボット=(H+L+C)/3
支持S1=2P-H
支持S2=P-H+L
ローブレイク=2P-2H+L

となります。

[手法1]:

・S1でロングエントリー
・S1を下抜けると損切り、S2で買い戻し
・もしくはS2で買い増し
・ローブレイクで損切り
ショートはその逆。



[手法2]:

・S1でショートエントリー
・S2で利確
・ローブレイクで損切り
ショートはその逆。

一般的には、上記トレード方法ですが、[手法2]のほうが勝率は高そうです。
ここでは(ドル円)について、さらに勝率を上げられるように改良し、私の個人的な見解も加え、検証していきたいと思います。
応援ポチ!
いつもご協力ありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ


2009年08月23日

その36-くりっく365か非くりっく365か-まとめ

FX専業トレーダーになる為の100の極意 -その36

くりっく365か非くりっく365か-まとめ


今まで、延々と、くりっく365がいいか非くりっく365がいいか、というテーマでやってきました。

別にどちらでもいいじゃないかと、言われるかたがおれらるかも知れませんが、選び方で収入が数百万、数千万と変わってくるとなると、ばかにはできません。

今までで分かったことは、

1.負けたままで取引をやめてしまう人が大半であることを考えると、負けている間は、非くりっく365が有利
2.負けていても、2、3年で取り返せる自信があるときはくりっく365が有利
3.勝っていても、少ないpipsを大量にかつ頻繁に取引する場合は、非くりっく365が有利になる場合もある

おおざっぱに言うと、そんな感じです。

ですから、
メインの口座をくりっく365と非くりっく365それぞれ2つずつ、
サブの口座それぞれ2つずつ
情報系がいくつかあったほうがいいでしょう。

私の場合は、加えて、メインをスキャルピング用、デイトレード用、スイング用、スワップ用と持っています。

ただし、口座数は10以上になって煩雑になってくるので、しっかり分かりやすく管理しておく必要があります。

まったく使わなくなった口座は、全額資金を引き上げて、解約しておくといいでしょう。

さらに、万一のことを考えて、家族には、全口座のIDとパスワードを把握しておいてもらうといいのではないでしょうか。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。